【広がる世界 深まる世界】

お茶を始めるきっかけは本当に人それぞれです。いつもと違うことをしてみたい、着物を着てできる習い事がしたい、日本文化に惹かれる、などなど。そこから始まるお稽古のなかで、どんどん自分の知識や経験を広げ、深められることは茶道の大きな魅力です。



なぜひとつのお稽古事である茶道が、幅広い興味関心に応えることができるのでしょうか。それは茶道が「ただお茶を点てて飲むこと」から起こった、さまざまな分野におよぶ総合芸術だからなのです。

お稽古では、お辞儀や襖の開け閉めなど立ち居振る舞いを身につけ、茶を点てます。さらに香を焚き、四季折々の花を活け、掛け軸を読みあげます。茶碗はもちろん、茶を入れる器や、器を包む袋物まで、扱うお道具は一つ一つが日本文化の結晶です。また、茶事といって懐石料理を頂くことも。茶室、茶庭といった建築や作庭、歴史――学べることは星の数ほどあります。幅広く、あるいは特に興味を持ったことを深く学んでいくうちに、世界が広がり、物の見え方が変わってくることでしょう。



食後のひと時にお抹茶を点てたり、裁縫好きな方が袋物を自作したり。お客様をお招きするときにちょっと茶道を活用したりして、学びを自分なりに日常に取り入れてみる。衣食住すべてに関わる、日々の生活と地続きの茶道ならではの楽しみです。



ふとしたきっかけでお稽古を始めると、そこが出発点となってお茶を点てるだけにとどまらない、豊かな知識や経験を積める。さまざまな日本文化に結びついた茶道だからこそできることです。こういった興味、関心、探求心を受け入れる奥深さから、茶道はきっとあなたの日々の潤い、心の拠り所となっていくことでしょう。

コラム一覧に戻る